忍者ブログ
What happened to my brain? 高次脳機能障害のおやぢから
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メッセージ

にほんブログ村 障がい者福祉へ 
ランキングに参加しました。上のバーナーをポチッと押して貰えれば励みになります
プロフィール

HN:沙織(父)

最新コメント
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネットから拾ってきたニュースですが
脳出血で性格が変わったという外国のニュースです。

外傷にしろ内出血にしろ脳内の出血の後遺症で
性格が変わるのは高次脳機能障害の特徴の一つですよね。
その意味では、普通の事と言って良いのか(苦笑)
かつ、一般的には悪くなったと言うか周りとトラブルを起こすと・・・

おやぢも記事に書かれてあるように人生を一度リセットしたに等しく
家族はもとより事故以前を知る人からは、性格が変わってとよく言われます。
良くなったのと逆に悪くなったのとどちらの比率が多いかは分かりませんが
多分というか絶対的に悪い方が圧倒的に多いでしょう・・・

--------------------以下引用--------------------

ダメ彼氏の性格が脳出血で一変、家庭的で“酒を欲しない人”に。

http://www.narinari.com/Nd/20101014330.html

脳は、心身両面をコントロールする司令塔。ここに重大なダメージを負うと、ほかに問題
はなくとも体に深刻な影響を引き起こしてしまう、動物にとって最も重要な箇所のひとつ
だ。未だ解明されていない謎もある複雑な仕組みを持つ脳だが、時にダメージを受けたこ
とが思わぬ結果を導くこともある。

英紙デイリー・メールやスカイニュースによると、英マンチェスターにほど近い、ダービ
ーシャー州ハドフィールドで暮らす44歳の男性ケン・メリーウェザーさんは、交際相手の
47歳のトレイシーさんを困らす、いわゆる“ダメ彼氏”。年齢的にも落ち着いた大人の交
際が求められるところだが、2人の間にはケンさんの飲酒が大きな問題となって立ちはだ
かっていた。

「仕事の後は、たいていパブに直行していた」(スカイニュースより)というケンさんは
飲み始めると止まらず、朝方2時、3時の帰宅は当たり前。家に帰ってはトレイシーさんを
罵り、口論が絶えなかったそうだ。それでも交際は続けていたトレイシーさんだが、この
問題が彼との結婚を思いとどまらせる大きな要因となっていた。

ところがある日、そんなケンさんに命の危機が訪れる。その日もいつものように夕方から
大量の酒を飲んで帰宅したところ、翌朝、床に倒れているケンさんをトレイシーさんが発
見。脳出血を起こし、その時点で呼吸が止まっていたほどの深刻な状態で、トレイシーさ
んが蘇生術を施すほどだった。

その後、彼女の対応も幸いしてか、彼は一命を取り留めた。しかし、脳には大きなダメー
ジが残り、その影響は「記憶の50%~70%が無くなった」ほど。基本的な動作さえままな
らない状態になり、彼は歩行や会話といったリハビリをして、もう一度「学ぶ必要があっ
た」という。ある意味、一度人生がリセットされたケンさん。リハビリは決して楽ではな
かったはずだが、今回の試練は何も悪いことばかりではなかった。

彼が失った記憶には、これまで問題となっていた飲酒の経験も含まれていたらしく、体調
が戻ったあとは“酒を欲しない人”に一変した。これには、長く悩まされてきたトレイシ
ーさんも大喜び。飲んだくれの暴れん坊が、今では裁縫や料理もこなす家庭的な人間にな
り、彼女は「周囲の男よりも素敵になった」と、その姿に惚れ直している。

問題が無くなった2人はその後結婚。先日、英メディアに掲載された写真には、夫婦とし
て幸せそうな表情を浮かべている。命に関わる病気は避けて通りたいものだが、「トレイ
シーは病気がいい人に変えたと言うよ」と話すケンさんには、このくらいの荒療治が必要
だったのかもしれない。

 


 


PR
この記事にコメントする
お名前:
題名:
Mail:
URL:
文字色
コメント:
パスワード: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  HOME  Next ≫

[89] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78]

Copyright ようするに記憶喪失・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material: Milky Way
忍者ブログ [PR]