忍者ブログ
What happened to my brain? 高次脳機能障害のおやぢから
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メッセージ

にほんブログ村 障がい者福祉へ 
ランキングに参加しました。上のバーナーをポチッと押して貰えれば励みになります
プロフィール

HN:沙織(父)

最新コメント
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

回想録:その5

まだ心の整理がつかないうちに退院の話になり
それはそれで嬉しい事?なのですが
いてもしゃ~ないと追い出された?


怪我(外傷)自体は奇跡的に肋骨の骨折程度
だったので特に治療もなく安静第一で
 (胸は手足のようにギブスもなく湿布程度)
頭に溜まった水?もこれまた自然に
体内に吸収されるのを待つだけ
 (もし増えるようなら頭蓋骨に穴を開けて排出すると

記憶の方もこれと言った治療法もないので
まぁ~ぶっちゃけ、いい加減お引き取り下さいと
仕方ないと言えばそうなんだけれど
おやぢ的には家の記憶もないし何処にいても同じ

退院前に家族が自宅の写真を撮って
病室に持ってきてくれました
が・・・全く見覚えがない
自宅付近の風景も思い出さない

そんな思いとは関係なく退院の日
予想通り自宅に帰っても旅館にでもいる感じで
お尻が落ち着かない
「何時も座っていたお父さんの指定席だよ」
と言われてもな~

他にも困ったのが思い出した記憶が
箇条書きと言うか映像じゃなくて
紙に書いたデータ?みたいな感じ 。
これは以前書いた
「形があっても中身がない状態」で
箇条書きで書かれた事なんてたかが知れている
内容でしかないでしょう(データ量も少ないし)
でも、話をすればそんなに問題なく話が続くので
事故を知らない人には分からないと思う。

ところで
・全く見ず知らずの看護師さんといる病院
・家族といる家庭
普通は家庭を取ると思うのですが
記憶がない状態では自分を知っている人と
一緒にいるのが辛い
知らない人に囲まれている方が
安心というか気が楽なんです
自分は相手の事を全く知らないのに相手はよく知っている。
そう考えるとついつい
 ↑逃げちゃっているんですかね?やっぱ
 
 |これは今でも同じで近所の人や知り合いに会うのが怖い


退院して数日は、 さ~頑張って社会復帰するぞ
と意気込んでいたのですが段々とやる気が薄れていき
集中力もなくなり 無気力を絵に描いたような日々を過ごし
トイレに行く為にコタツから出るのにも 「さあ~出るぞ!!」
と声に出して自分に言い聞かせないと出るに出られ無い始末。
そんなこんなで自分が情けなくり ますます負の連鎖が・・・

 

PR
この記事にコメントする
お名前:
題名:
Mail:
URL:
文字色
コメント:
パスワード: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  HOME  Next ≫

[5] [1] [2] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [4] [3]

Copyright ようするに記憶喪失・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material: Milky Way
忍者ブログ [PR]