忍者ブログ
What happened to my brain? 高次脳機能障害のおやぢから
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ

にほんブログ村 障がい者福祉へ 
ランキングに参加しました。上のバーナーをポチッと押して貰えれば励みになります
プロフィール

HN:沙織(父)

最新コメント
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

回想録:その4


入院中って夜が長~いんですよね。
夕食も早いし・・・考える時間だけはたっぷり

長~い夜に考える事は(夜に限らず1日中ですが)
当然ながら自分の過去の事ですが
何も思い出さないうちに夜が明けて・・・。


思い出そうとする行為は考えようとする事ですが
そうすると頭の後頭部がおかしくなる。
首から頭頂部にかけて突き上げるような感覚で
考える(集中する)事が邪魔されて考えられなくなる
思い出そうと考える事を阻止するかのように。
これは何とも説明しづらい感じで
病院で主治医に説明するにも困りました。

体が自分を保護する仕組み?なのか
思い出そうとする事の他にも
深く考える事が出来なくなり
難しい話をするのも困難に

 |世間話とかバカ話をしている分には普通なので
 |周りは何処まで理解してくれているか?

その内に考えたりする事がイヤになってきて
何事もどうでも良くなり自分には関係ない事だと
そりゃ~拙いよと思うのですが
頭がついてこない

事故後、10日余りかな?関係ない所で
ポッと小さな思い出を思い出す事もあるし
主治医の「時間が思い出させてくれます」
との言葉もあったので
思い出そうとしても苦しいだけなら
いっそ無理に思い出そうとする事を止めようと

でも、それは自分が何者かを自分の頭で
確認する事が出来なくなる事で
ホントにそれで良いのか?
記憶が戻る事があるのか?
周りとどう付き合っていくのか?
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
ハッキリとした決断がつかないうちに
退院の話が・・・

 


今、書くとそれだけの事になってしまいますが
悩んで決めた事によって少しは心が楽になったのも事実で
ホッとした事を今でも思い出します。

 

PR
この記事にコメントする
お名前:
題名:
Mail:
URL:
文字色
コメント:
パスワード: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  HOME  Next ≫

[1] [2] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [4] [3]

Copyright ようするに記憶喪失・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material: Milky Way
忍者ブログ [PR]