忍者ブログ
What happened to my brain? 高次脳機能障害のおやぢから
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メッセージ

にほんブログ村 障がい者福祉へ 
ランキングに参加しました。上のバーナーをポチッと押して貰えれば励みになります
プロフィール

HN:沙織(父)

最新コメント
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

回想録:その6


退院して数ヶ月、頭の方は相変わらずですが・・・
それでも出来る事をポチポチやってみるかと
無気力な自分に活を入れて ”ファイト 一発
 


え~とまず、退院後に運転が出来そうだったので
家のまわりの道を(田舎なので田圃道)
妻を横に乗せて軽四で走ってみると何とかなりそう
特に怖いとも言われなかったので通院は自力で

あと、パソコンをさわってみると何とかOK
使い方が分からなくなっている事は無さそうで
Excelの関数も一部使えて一安心

因みに、救急搬送されたのはT市民病院で
自宅からは遠いので通院は自宅近くの
市立T総合病院へ(車で10分弱)
こちらでも特に治療らしい治療は無しで
定期的に頭のCTを採って様子を見るだけでした。
一人で行けたので家族に面倒かける事は無く
その点はラッキィーだったなか~と

で、自分で思い出すのは諦めたと書きましたが
家にいると家族のアルバムには目がいきますし
ブログなども書いてあったりメールも残っていたりして
近年の記録がパソコンにバッチリと
また、おばあちゃん(母親)や近所の幼なじみなどから
昔の事を妻が聞いてきてノートに記録しています。
それらを暇に飽かせて読んだり見たりして
時々思い出す自分の記憶と併せて
新しい自分史を心に刻んで行くのですが
そのうちに、何処までが新しい記憶で
自分が憶えていた記憶かごっちゃに

自分的にはこの辺は結構大切に思えて
何となく線引きをしたい気分なんですよ。
いわば本当の自分と作られた自分かな?
多分、他人にはどうでも良い事かも知れませんが・・・。

 |事故から1年経った今では、何事もなかったように
 |話すので(多少、作話も交えて)必要だったのですが

入院中や退院直後は生活自体に関して
それほどの困難は感じなかったのですが
数ヶ月して社会との交わりが増えてくると
出来ない事や使い方の分からない道具が
少しずつ出てきて自分では

あれっ

ちょっとショック
記憶と計算に関しては覚悟?していたのですが
それ以外は多少あっても問題なく生活できると
根拠のない自信があったのですよ

実際、上に書いたように車の運転も出来たし
パソコンもとりあえず不自由しないし
ハッキリ言ってこの2つは妻より出来ます
なのに・・・

 

事故から約半年経って市立T総合病院でのCTには
特に異常も無さそうなので通院する必要はないと
「生活する上で多少不便があってもそのうち良くなります」
と笑顔でバイバイをされちゃいました・・・

 

 

PR
この記事にコメントする
お名前:
題名:
Mail:
URL:
文字色
コメント:
パスワード: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  HOME  Next ≫

[12] [5] [1] [2] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [4]

Copyright ようするに記憶喪失・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material: Milky Way
忍者ブログ [PR]