忍者ブログ
What happened to my brain? 高次脳機能障害のおやぢから
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メッセージ

にほんブログ村 障がい者福祉へ 
ランキングに参加しました。上のバーナーをポチッと押して貰えれば励みになります
プロフィール

HN:沙織(父)

最新コメント
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 「記憶喪失になったぼくが見た世界」
                       坪倉優介 著

 18歳の美大生が交通事故で記憶喪失になる。
 それは自身のことだけでなく、食べる、眠るなどの
 感覚さえ分からなくなるという状態だった―。
 そんな彼が徐々に周囲を理解し「新しい自分」を
 生き始め、草木染職人として独立するまでを綴った手記。
  
 発 行:朝日新聞出版
 定 価:560円(+税)
 文庫本サイズ
 2011年1月30日発行 





なんて言うのか、おやぢの場合は彼のように「食べる」「眠る」と言った
生きることの基本まで喪失したわけじゃなくてお金さえあれば
一人で生きるにはそんなに困らないけど彼は違ったようですね。

まだ全部読んだわけじゃないのでなんですが、
P152に「万華鏡のような記憶」と書かれたページがあり
ここは非常に共感できると言うか同じ感覚です。
これから使わさせてもらいます。無断ですが

例によって少しづつしか読めないので日々ボチボチ読んでみます。
なお、この本は2003年に幻冬舎文庫から「ぼくらはみんな生きている」を
改題して再出版されたようです。
2003年か・・・おやぢは何していたのだろう?
妻が書いてくれた過去帳(使い方間違っていますが)を読むと
長女(栞花の母)が専門学校へ進学し次女が高校入学した年らしい。
何にしても元気で働いていた頃ですね・・・。


PR
この記事にコメントする
お名前:
題名:
Mail:
URL:
文字色
コメント:
パスワード: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  HOME  Next ≫

[102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93] [92]

Copyright ようするに記憶喪失・・・ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material: Milky Way
忍者ブログ [PR]